アトリエの指導にあたって

「自分で!」・・・・この気持ちを大切に育てたい

 子どもは遊ぶ中で、生きていくうえで必要な知識や知恵をいつの間にか身につけていきます。身につけるということは知っていくこと、知っていくことは学んでいくこと。遊びと学びは子どもにとって少しも矛盾することなく一つのことになっています。

 学齢期になると、この二つがしだいに対立してくるのは、学びが自発的なものではなくなるからです。強制され、管理され、干渉され、ランクづけをされるので、多くの子ども達が勉強嫌いにさせられていきます。

 しかし、新しいことを<知りたい>という気持ちは人間の根源的な欲求として失われることはありません。これが<発見要求>そして、人間は知ったことは自分でやってみたいという意欲をもちます。これが<表現欲求>。この発見と表現の欲求が、人間の英知を育て、喜びの毎日を生み出す<創造力>を開発していきます。

 創造力は自分でやりたいという自発性があってはじめて発揮されるものです。“やってみたい”という気持ちを起こさせるためにこの創造共育法は<形>をモチーフにします。

 言葉をまだ獲得していない乳児さえ<形>には関心をもちます。それは見ることができるから、触ることができるから。

 五感で外界を吸収しながら発達する人間にとって、この五感すべてを駆使して発見と表現を繰り返せるものは<形ある存在>をおいて他にありません。

 共育は、親もアトリエのスタッフも子と共に育つことを意味します。

 人間は見えたり、触れたり、聞けたりする現象界から、愛や美や真理を体得しようと成長する生命です。環境を吸収(発見)し、これに働きかけ(創造)ながら洞察を深めていきます。この探究活動を人間は道具と言語を手に入れることによって十分に発揮できる条件をつくりました。

 子どもにとっての道具は童具。アトリエでは、童具を活動の核にして、子ども達に感性と知性を豊かにもった人間に育ってほしいと願っています。知恵と技によって必然を、感覚と感性によって調和を求める人間は、結局、必然性のある調和された<つながり>、つまり愛と同質の<関係性の原理>をあらゆるところに求めて生きています。

 それを無我夢中になって発見し、表現する場が『わくわく創造アトリエ』です。


和久洋三のわくわく創造アトリエの特色

テーマ性とストーリー性のある

関係性を重視した活動を展開します

アトリエ活動は積木遊び、造形活動、料理活動と多彩です。そして、その活動は毎回テーマを設けています。導入から完了までコマ切れではない自然な流れを重視していますので、子どもの「集中力」が無理なく持続し、ものづくりの喜びにひたることができます。その中ですべてのものごとの関係性に対する意識を高めます。

素材をふんだんに使った活動が

「創造力」を刺激します

 

積木、専門家用の絵具、粘土、木材など、さまざまな素材をふんだんに使い、スケールアップした空間表現によって、ご家庭や幼稚園・保育園ではなかなか体験できないダイナミックで高度な活動が展開されます。魅力ある素材による発見と表現が子どもたちの底知れぬ創造力をかきたて、大人が目を見はる世界が出現します。


少人数体制で子どもの目線にあわせた

活動をします

 

協会本部の指導をうけ、認定された講師が指導にあたります。教え込むのではなく子ども1人ひとりの個性や興味に寄り添うために少人数制の、きめこまやかな対応を心がけています。子ども達は自ら学ぼうとする意欲にあふれています。その気持ちを大切にしながら活動を進めていきます。

童具館での30年間の実績が

息づいています

 

童具館(東京都大田区)では1990年のアトリエ開校以来、すでに数千名の子ども達が通ってきています。30年間で培ったノウハウがWM(和久式)創造共育法として結実していますが、いまも常に新しい課題を生み出し、子ども達の活動がより多様に発展するよう全国の講師が参集し、常に研鑽を重ねて、メソッドを深めています。